スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナンシャル・プランナーとは

002254.jpg
あなたはファイナンシャル・プランナーの仕事内容をご存知でしょうか?
新聞、雑誌、テレビなどでファイナンシャル・プランナー(FP)ということばをよく耳にするようになりましたが、具体的にどんなことをやっているのかご存知の方は多くありません。

個人がライフプランを立てるために財政面について専門的にアドバイスをする有資格者のことをファイナンシャル・プランナーと言います。

日本を取り巻く経済状況や規制緩和、グローバル化など世の中は休み無く、変化を続けています。
家族構成、仕事、収入などは、その人によって異なりますし、ひとりひとりのライフスタイルも様ざまです。

そんな中、顧客の希望を聞いたうえで、資産や収入などの状況を把握・分析し、激動する経済環境を踏まえ、個人の価値観、ライフスタイルに合うよう資産設計を提案、その実行を支援するのが、ファイナンシャル・プランナーの仕事です。

ファイナンシャル・プランナーは状況の変化に応じて随時、見直しも行います。長い人生の中では、お金に関わる不安や疑問に直面する場面が多くあります。例えば、結婚資金、住宅購入、生命保険や金融商品はどんなものを選んだらよいか、子どもの教育資金はどのくらいあればよいか、など、ファイナンシャル・プランナーは、そんな相談にも応じてくれるあなたの大切な身近なパートナーなのです。

AFPは、そんなファイナンシャル・プランナーの数ある資格の1つです。
AFPは試験に合格かつ、日本FP協会の認定する研修を修了することで得られる資格です。
自分の生活を見直すためや、仕事のキャリアアップを図るために、AFP試験を受ける人が増えているようです。


ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座


スポンサードリンク
CFP資格
リンク
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。