スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リタイアメントプラン

ファイナンシャル・プランナーが仕事として行うリタイアメントプランとは、退職後の不安要因をプランニングにより取り除き、安心感を提供するのが目的です。
働いている現役時代とは違うリタイアメントプランの特色を考慮して、生活設計を考えなければなりません。
第1に、仕事での収入がなくなったり、仕事を続けていても減収であることを考慮して、老後の生活資金を確保しなくてはなりません。
第2は、病気にかかる可能性が高くなるので、医療保障を充実させておかねばなりません。
第3は、介護が必要となる可能性があるので、介護保障の確保。
第4は、年金の確保。
第5は、配偶者が亡くなる可能性が高くなるので、残された者の生活を考えたプランを考えなければなりません。
プラニングは退職直前もしくは将来のリタイアメントプランのケースに大別できます。
まもなく定年が来る場合は、退職後の生活資金設計が必要です。
現在持っている資産と予測される退職金と年金を前提に、不足資金をどうするか、余裕資金の捻出、住宅問題などがポイントになります。
定年まで時間がある場合のリタイアメントプランでは、退職後のための資金形成を考えたプランで、教育費、住宅ローン返済や子どもの結婚などライフイベントとのバランスを考慮しなくてはなりません。
この場合は、ライフイベントを優先させなければなりません。
このように、AFPは、様々なライフイベントや顧客の生活を考えたプランを提供しなければなりません。
試験のための勉強は、これから仕事をする上で欠かせない知識なのです。
試験に合格後は、AFPとして顧客の生活を大切にした仕事をして欲しいと願っています。


ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

スポンサードリンク
CFP資格
リンク
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。