スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CFPと1級ファイナンシャル・プラニング(FP)技能士との違い

AFPと2級ファイナンシャル・プラニング(FP)技能士の違いは、AFP資格審査試験を兼ねた2級FP技能検定試験に合格し、AFPとして日本FP協会に登録すればAFP・2級FP技能士であり、登録しなければ、2級FP技能士のみ、という違いです。
しかし、CFPと1級FP技能士は、CFPは日本FP協会の資格、1級FP技能士は金融財政事情研究会の資格であり、試験の内容も別です。
CFPは、CFP資格審査試験で6科目合格が必要ですが、1級FP技能検定では、学科試験と実技試験の合格が必要です。
ただし、CFP資格保有者およびCFP全科目合格者は、1級FP技能検定の学科試験は免除されます。
1級FP技能検定の学科試験の受験資格は、2級FP技能検定の合格者、または5年以上の実務経験者、または1年以上の実務経験がある金融渉外技能審査2級の合格者です。
実務試験の受験資格は1級学科試験の合格者、1年以上の実務経験があるFP養成コース修了者、CFP資格保有者およびCFP全科目合格者です。
FP養成コースは、金融財政事情研究会が実施しています。
1級FP技能検定の実技試験は設例課題に基づく面接での口頭試験で、ファイナンシャル・プランナーとしての技能が審査されます。
試験は複数の審査委員と対面の口述試験となります。
実技試験は学科試験の合格発表の約6ヶ月後に行われます。
設例課題に基づく面接により、ファイナンシャル・プランナーに求められる技能を審査します。
1級FP技能士になるためには、CFPと同様、知識と顧客に適切なアドバイスを提供できるかどうかが試されるのです。


ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

スポンサードリンク
CFP資格
リンク
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。